MENU

投資信託って何?基礎知識から代表的な商品まで

投資信託の基礎知識

 

投資信託には幾つかの運用手法というものがあり、代表的なものを解説します。

 

【パッシブ運用】

パッシブ運用とは、日経平均株価や東証株価指数などの相場指標(ベンチマーク)に連動することを目標として運用することです。市場平均に沿った投資収益の計上を目指す運用手法で代表的なものしては「インデックスファンド」「ETF」などがあります。

 

【アクティブ運用】

アクティブ運用とは、ベンチマークを上回る投資収益の計上を目指す運用のことです。アクティブ運用では文字通り積極的に投資する株式や債券の組み入れ銘柄を変更し、組み入れ比率を改めてベンチマークを上回る運用を目指します。
運用のプロであるファンドマネージャーが市場や個別銘柄の分析調査を行い、投資先を判断して運用します。しかしその時々の経済状況などで運用がうまくいかないリスクも常に孕んでいます。
トップダウンアプローチ:先にマクロ経済を分析し、それによってどこの国が有望か、株式や債券への投資割合をどのようにするか、業種ごとの配分をどうするかを決めて、最後に個別銘柄の選択をするやりかた。
ボトムアップアプローチ:先に個別銘柄を企業の調査分析から選択して投資先を決めていくやりかた。
バリュー投資:企業の調査、分析によりその企業の実力(売上金額・利益額・利益率・資産等)を測り、株価が割安と判断して投資するやり方。
グロース投資:その企業の将来性を評価して投資するやり方。

投資信託の商品

投資信託には様々な商品があります。幾つか主な商品を解説します。

 

【インデックスファンド】

インデックスファンドはその基準価格が株価指数(インデックス)に連動することを目指して設計された株式投資信託。日経平均株価や東証株価指数などの動きに追随することを目指してインデックスを構成する銘柄群に投資します。
投資家にとって身近な株価指数に連動しているため値動きが分かり易い特徴があります。

 

【ブル型・ベア型ファンド】

ブル型ファンドは相場が上昇すれば利益が出るように運用されるファンドで、
ベア型ファンドは相場が下落すれば利益が出るように運用されるファンドの事です。
ブル型は相場と連動する動きを目指し、ベア型は相場と反対の値動きを目指します。相場が10%値上がりすればブル型もほぼ10%値上がりし、ベア型はほぼ10%値下がりします。また相場に対して2倍、3倍の値動きを目指すように設計されているものもあります。
ブル型に投資して相場が下がり、ベア型に投資して相場が上がれば投資家には損失が出ます。

 

【不動産投資信託(REIT)】

不動産投資信託とは、主に不動産で運用するファンドを言います。投資され集まった資金で不動産に投資し、その不動産から出る賃料などを分配金として投資家に配分する仕組みです。
日銀の異次元の金融緩和、いわゆる黒田バズーカの恩恵を受けてこのところ東証REIT指数のチャートは値上がりしています。
しかし不動産市況が値下がりすれば連動して損失が出ます。
一般の投資家が投資するのは上場されている上場不動産投資信託、J-REITで幾つか商品があり証券会社などで買うことが出来ます。
*東証REIT指数:東京証券取引所上場の不動産投資信託(REIT)全銘柄を対象とした時価総額加重平均指数で、株で言えば東証株価指数(TOPIX)の計算方法と同じです。

長期積み立てによる資産作り

「投資型積み立て商品」へ長期に積み立てをすることによる資産作り。
メリット

 

コツコツと長期に渡って積み立てることで、将来大きな資産とすることが期待できる。
相場次第、運用次第でハイリターンが期待出来る。
買い付けの時期が分散されリスク回避ができる。
ドルコスト平均法により平均的な買い付け単価を低くすることが期待出来る。
デメリット
値下がりにより元金割れのリスクがある。積み立てとはいえハイリスクである。

 

 

【株式累積投資】

毎月一定額を株式に投資するもの。取扱いは証券会社で、1銘柄について毎月の積立額は1万円以上1000円単位。積み立て期間は無期限で売却はいつでも可能。配当金は自動的に再投資される。積み立て方法は銀行からの引き落とし、MMFからの定期引き出しなどができる。
メリット
少ない金額で株主になれる
月々株数が増える
値上がり益が期待出来る
定期的に配当が貰える(無配の場合貰えず) など
デメリット
値が下がり元金割れのリスクがある
倒産した場合は0になる恐れがある

 

 

【純金積み立て】

毎月一定額で金を買い付けて金を積み立てていくもの。取扱いは銀行・証券会社・商社(住商マテリアル、三菱商事など)・貴金属商(田中貴金属など)・鉱山会社(三菱マテリアル、住友金属鉱山など)
積立金額は月々3,000円以上1,000円単位が主。銀行口座引き落としが一般的。
収益は値上がりのみで、配当金や利払いは無い。売却は常に時価で可能。
メリット
金には不変的価値がある
インフレで貨幣価値が下がっても金の価値が下がるとは限らず、逆に価値が上がる場合もある。インフレに強い。
有事に強く経済的、軍事的危機が顕在化しても値上がりする場合もある
販売会社が保管してくれる
消費税が値上がりすると値上がりしただけ利益になる
金の地金商品でも受け取れる
デメリット
堅実な積み立て商品でハイリターンはあまり期待できない
金の価格が下落して損をする場合がある

 

【投信積み立て】

投資信託は資金を提供した投資家に代わり、専門家が運用、管理、分散投資をしてその結果得た収益を投資家に分配還元する金融商品です。複数の株式や債券に投資します。積み立ては取扱い各社によって違いますが毎月1,000円ずつの少額から取引できるものも多数あります。
証券会社などで取り扱っています。
メリット
少額から始められる
プロが運用してくれるので運用を任せられる
分散投資となるのでリスクが分散される
外国の商品にも投資できる 
デメリット
元本割れのリスクがある
買い付け手数料など費用が掛かる